確定申告不要のワンストップ誕生!「ふるさと納税」の仕組みとは?

公開日: : 最終更新日:2017/10/29 読書など , , , ,

OOK151107190I9A8252_TP_V

ふるさと納税って知っていますか?

「ふるさと納税」っていう言葉は知っている人も多いですが・・・

 

ふるさと納税の本当の美味しさに気付いている人はどれだけいるでしょうか?

 

ふるさと納税の仕組みとは?

ざっくり簡単にいうと

 

  1. ある地方に寄付する
  2. その地方からお礼の品が貰える
  3. 寄付した分のお金のほとんどが税金として戻ってくる

 

つまり

地方の名産物をとっても格安で買える!超お得な節税方法!

という美味しい制度なのです。

 

節税って言っても、どうせ数千円でしょ?

 

私もそう思っていました。

でも、違ったんです。

 

年収ごとの「ふるさと納税」上限額は?

年収300万円の人

2万8000円分寄付しても2万6000円が税金還付

→実質2000円で2万8000円寄付に対するお礼の品ゲット!

 

年収400万円の人は

4万2000円分寄付しても4万円が税金還付

→実質2000円で4万2000円寄付に対するお礼の品ゲット!

 

というように

たった2000円の負担で・・・

 

年収300万円→2万8000円

年収400万円→4万2000円

年収500万円→6万1000円

年収600万円→7万7000円

年収700万円→10万8000円

年収800万円→12万9000円

年収900万円→15万1000円

年収1000万円→17万6000円

年収1500万円→38万9000円

年収2000万円→56万4000円

 

という寄付金額に対するお礼がもらえるんです。

 

※還元率が高すぎて問題になったので

今後は還元率40%がラインになりそうですが・・。

 

それでも、この金額すごくないですか?

 

日本人の平均年収400万~500万の人で5万円の寄付まで。

 

各年収ごとに右の金額分までは寄付しても・・・

たった2000円を除いて・・・

 

かなりの分が、税金(所得税・住民税)として還付される=節税できるわけです。

 

正直、びびりましたよ。

これで、ふるさと納税やらない人って・・・どうかしているでしょ?

 

過去の自分に往復ビンタくらわしたい気分です。。

pak100_bintabureru20140301_tp_v

実は、ふるさと納税の制度は、ずいぶん前に始まったようなんです。

テレビのニュースでよく流れていましたよね?

 

でも・・・・私のように

「ふ~ん」くらいの反応の人が多かったようです。

 

しかし、この2年くらいで・・・

 

爆発的に「ふるさと納税の」利用者が増えた!のです。

 

それは

  • 税金控除の上限額が2倍に!
  • 確定申告が不要の制度が誕生♪

というのが大きいようです。

 

いや~、2017年が終わってしまう12月までに気付いてよかったですよ。

 

え?確定申告?

サラリーマンな私は、そんなめんどくさいんだけど・・・。

そうでしょ。そうでしょ。

その気持ち、すっごい分かります。

 

医療保険とか生命保険の控除証明書

こういうのを勤務先に提出して年末調整するのだってめんどくさいのに・・・

確定申告!?

勘弁してくださいよ。

 

そういう人の気持ち、よくわかります。

 

年収が高い人は10万円以上お得ですから

多少めんどくさくても、確定申告するかもしれませんけど・・・

 

年収300万円→2万8000円

年収400万円→4万2000円

年収500万円→6万1000円

だと・・年収300万円以下の人などは

確定申告するくらいだったらイイやという人もいるかもしれませんよね。

 

でも、上記のように

「ふるさと納税」では確定申告が不要な制度も誕生したのです!

 

確定申告不要の「ワンストップ特例制度」とは!?

 

「ワンストップ特例制度」

 

ざっくりいうと

1年間に5自治体までの寄付なら

ふだん確定申告をしていなかったサラリーマンや公務員の人は

確定申告しないでも簡単な申告書などで勝手に税金控除してくれる

 

という

まさに確定申告をやらない

サラリーマン・公務員の味方なのです。

 

でも、地方の名産品って・・・

やさい嫌いなんだけど?

 

地方からのお礼=やさい・果物

私もそういうイメージでした(笑。

 

でも、安心してください。

いまや、ふるさと納税に関して商品が充実しすぎていて・・・

ふつうにネットでショッピングする感覚で品物を選べてしまうんです。

 

以下のサイトをみたら明らかですよね?

「ふるさと納税」のおすすめサイト

・ブランドバッグなどアパレルや日用品が好きな人向け




実質2000円でブランドバックがもらえるふるさと納税エフスタイル

 

・美味しい有名レストランで食事したい人向け

ふるさと納税で有名レストランへ

 

・自己負担2000円を実質無料にしたい人向け

楽天はスーパーポイント●倍

などポイントUPしているものを選べば

無料どころか、実質プラス!なんていうことも。

しかも・・

楽天カードを利用すれば、さらにポイントがついて、還元率UP!
楽天スーパーポイントプレゼント!

てきとう




関連記事

パソコンでお勉強するおじいちゃん

GPIFってなんて読むの?読み方がわからなくて調べてみたら・・・

経済用語の読み方 アルファ読みの経済用語 新聞や政治・経済の教科書で出てきます。

記事を読む

モバイル通信費を見直す男

楽天モバイル速度の評判や口コミを知りたい?【真実】1年8ヶ月の体験談

楽天モバイルの通信速度は? 携帯大手キャリアのソフトバンクが契約2年縛りを廃止 これから

記事を読む

楽天ブラックカード【突撃無謀】インビテーションの時期は?

楽天ブラックカードが欲しい!   そう思って・・ 突撃により3度

記事を読む

コーヒーを飲みながら読書

【書評】美月あきこ著「ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣」

  ・ファーストクラスの人は若輩CAの言うことも真剣にメモ取ってくれて感動

記事を読む

自営業者は必見!?小規模企業共済とイデコや付加年金と比較

自営業を守る武器   いいよな~サラリーマンや公務員は~ 労使折半=会社や組織が

記事を読む

個人型確定拠出年金Ideco(イデコ)の知られざるメリット

2017年の1月から主婦や公務員も可能になった個人型確定拠出年金。 ideco(イデコ

記事を読む

日本のサラリーマン

ホリエモンの「手取り14万」問題にはアキラ先輩の人生が最高の答えでは?

日本で何年もサラリーマンしているのに 手取り14万   そんな証言から社

記事を読む

ソフトバンク携帯「2年縛り」ついに廃止!楽天モバイルなど格安SIMへ?

大手キャリア携帯のソフトバンクが遂に発表!   いまや 誰もが携帯電話を持っ

記事を読む

30代~40代には「iDeCo(イデコ)」より「つみたてNISA」がお得?

30代~40代の資産運用 「40代にはイデコよりも、つみたてNISA」 そう書いている雑誌が

記事を読む

「余白が大切」という読書と人生観

本屋で読みたい本を探しているとき 中古屋で読みたい本を探しているとき  

記事を読む

てきとう




てきとう




english-study
中学英語の英文法で十分?親子でオススメの勉強法をやってみた。

日本人は,学校で英文法ばかりあってるから話せない。 むずかしい英

comics
netflixに加入したのにu-nextを辞められない理由を告白します。

英語学習のために洋画や海外ドラマを見る。 オシャレじゃないですか

fight
40代50代と英検&TOEIC

20代は就職のためにTOEIC受験は必須 30代は昇進や転職のた

price-up
TOEIC料金の値上げ!でCASEC人気が上昇?

TOEIC・・・ ついに値上げ。。 受験料の改定が発表され

英語を学ぶのは40歳からがいい?

菊間ひろみさんの著書 「英語を学ぶのは40歳からがいい」

→もっと見る

  • 育児と英語学習を楽しむ日々

PAGE TOP ↑