国民年金の付加年金制度は絶対得!?iDeCoイデコとの関係

公開日: : 最終更新日:2019/08/16 行政書士試験 , ,

サラリーマン、公務員(2号被保険者)と違い、自営業者等(1号被保険者)は国民年金だけで厚生年金が貰えません。

そのため、自営業者の人は年金対策を考えている人も多いことでしょう。

_shared_img_thumb_freee151117071495_TP_V

国民年金基金を年金対策+節税として検討している人は注意が必要です!

「国を信用しているから国民年金に上乗せしたい」

というわけではなく、節税がメインの目的である場合は

国民年金基金より個人型確定拠出年金の方がメリットが多いと感じるでしょう。

 

そこで国民年金基金ではなく、個人型確定拠出年金(iDeCoイデコ)を選んでいる方は・・・

国民年金付加料を納めるのがおススメです!

 

サラリーマン、公務員の方は残念ながらこの制度を利用できませんが

自営業者の方は、以下の事実を知ったら、付加年金を払った方がお得!なことに気付くでしょう。

 

国民年金付加年金制度って何?

国民年金に付加して月額400円を納める

→付加年金200円×納付月額が上乗せ

そういう制度です。

 

え?何が得か分からないって?

 

具体的に計算してみよう!

例えば20歳~60歳まで40年の間

この国民年金付加保険料を支払ったとします。

 

200円×480か月(40年)=96,000円

年額96,000が「終身(亡くなるまで)」で支給されます。

 

40年で支払っった保険料は

400×480か月(40年)=192,000円

 

2年でモトで取れます

年金支給3年目からずっと年額96,000円(月額8,000円)が

終身(亡くなるまで)」で支給されます。

 

では、30歳~60歳までの30年間では?

200×360か月(30年)=72,000円が終身で支給されます。

支払った金額は

400×360か月(30年)=144,000円

同じく2年でモトが取れて

年金支給3年から72,000円(月額6,000円)がずっと支給されます。

 

40歳~60歳までの20年間では

200×240か月(20年)=48,000円(月額4000円)がずっと支給

50歳~60歳までの10年間では

200×120か月(10年)=24,000円(月額2000円)がずっと支給。

 

つまりどういう制度?

年金支給2年でモトが取れて、3年目から終身で年金額が増える(付加される)制度

20歳~60歳(40年)支払えば、月額8000円

30歳~60歳(30年)支払えば、月額6000円

40歳~60歳(20年)支払えば、月額4000円

50歳~60歳(10年)支払えば、月額2000円

上記月額が国民年金の老齢基礎年金に付加される制度といわけです。

若いうちから早めにスタートした方が、付加される金額が多くなるので得ですよね。

その金額が・・・終身で支給されるわけですから。

 

2年でモトが取れるというのが優れものですよね。

3年目からは、ずっと得し続けるわけですが、何歳まで生きるかによります。

ただ、原則65歳からの支払いで、3年目というと68歳ですよね。

現時点でも、かなりの人はもっと長生きしますから・・・

67歳未満で亡くなる人は少ないので、ほとんどの人が得するでしょう。

実は隠れた、優良金融商品なんです。

 

そのほかのメリット

  • 支払った保険料は、全額、社会保険料控除の対象になる
  • 保険料はクレジットカード支払いOK(=クレジットカードのポイントがつく)

 

注意点は?

  1. 国民年金基金と併用できない
  2. 付加年金は定額のため物価スライド(増額・減額)なし
  3. 運営主体が違う

 

1 国民年金基金と併用できない

個人型確定拠出年金(iDeCoイデコ)と国民年金は合算して月額68,000円まで

支払った保険料全額が所得税から控除されます。

つまり、国民年金基金ではなく個人型確定拠出年金(iDeCoイデコ)を選べば

国民年金基金と併用できない

というのはデメリットでなくなります。

つまり、個人型確定拠出年金(iDeCoイデコ)×国民年金付加金 の組み合わせがおススメです!

 

2 付加年金は定額のため物価スライド(増額・減額)なし

国民年金と物価(インフレ、デフレ)などは新聞でもよく話題になります。

老齢基礎年金と違って、付加年金は定額で固定です。

そのため、将来、インフレやデフレになれば、メリットともデメリットともなります。

しかし、月々400円の負担で、2年でモトが取れます。

早死にしなかった場合、ほとんどの人がずっと終身で支給されるわけです。

物価変動で多少のお金の価値が下がったとしても、極端なインフレにならない限り

損をすることはほとんどなく(損をしたとしても大したダメージはなく)、圧倒的な多数の人が得をするでしょう。

 

3 国民年金基金は国民年金基金連合会が運営しています。

国民年金付加年金は、日本年金機構が運営しています。

そのため、国民年金基金と違って、付加金は、老齢基礎年金と一緒に支給されます。

これは注意点というよりも、意外な点ですね。

では、申し込むには?

市役所、区役所、町役場、村役場または年金事務所に申込書を提出する必要があります。

身分証明書と印鑑を持っていくとよいでしょう。

年金手帳か基礎年金番号通知書などを念のため持っていくとよさそうですが、なくとも何とかなりそうです。

 

てきとう




関連記事

2019楽天ブラックカード突撃をやめてSPGアメックス狙いに変えた理由とは?

楽天ブラックカード突撃すること3回 楽天ブラックカード3度目の突撃で成功なるか? しかし

記事を読む

スマフォで通信講座

社会保険労務士と行政書士の通信講座を検証してみよう!

社会保険労務士 行政書士 このあたりが、社会人をやりながら勉強できる資格かな。

記事を読む

オリコがん保険3年目!【実体験】「差額ベット代」について語る!

前職が保険関係の仕事だったため 当然、高額療養費制度について知っていたけど オリ

記事を読む

年金が2000万円不足する計算は無意味な理由とは?

金融庁の報告書によると「2000万円」年金が不足する! ということで・・・  

記事を読む

英語を勉強する意味ない?社会人が英語の勉強をする意味あるか?

  英語を勉強する意味とは?   社会人になるためには、中学・高校や大

記事を読む

ラグジュアリーカードの審査否決の口コミ・評判【年収】から落ちた理由が判明?

ラグジュアリーカードの審査落ちになった人 年収が高いのに、ラグジュアリーカードの審査否決の

記事を読む

オリラジのあっちゃんが【年金2000万問題】を解説!?

いや~ こういう有名人が年金問題を取り上げることは 非常に良いことだと思うんです

記事を読む

三井住友カードのVpassアプリが新しくなっていた!

三井住友カードのVpass クレジットカードの会員ページ 三井住友カードの場合はVpass(

記事を読む

コーヒーを飲みながら読書

【書評】美月あきこ著「ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣」

  ・ファーストクラスの人は若輩CAの言うことも真剣にメモ取ってくれて感動

記事を読む

イデコの手数料を比較!楽天証券・SBI証券が断然有利な理由とは?

2017年はイデコの年! 2017年から公務員や専業主婦もできるようになった節税! id

記事を読む

てきとう




てきとう




study
不動産投資に役立つ資格とは?

不動産投資に役立つ資格 そんなものがあるのだろうか? 宅建

「孤独死保険」は必要か?家主になる不動産投資家が思うこと

コロナ禍で世界が激変 自ら命を絶つ芸能人について 連日、い

trip-work
「45歳から5億円を稼ぐ勉強法」(著:植田統)を読んで司法浪人について考える

司法試験に合格して弁護士になっても・・・ 稼げないよ・・・

study
2022年(令和4年)予備試験の論文科目に選択科目が登場!?

司法試験と違って 予備試験の論文試験科目には 労働法や倒産

reading
漫画「正直不動産」っておもしろい

ディズニープラスで映画見ていたら U-nextのポイントがすごい

→もっと見る

PAGE TOP ↑