TOEICを受験する意味あるのか?ないのか?就職・転職しない私の考え

TOEICを受験する意味

TOEICも、じつはスピーキング・ライティングを測るタイプもあります。

 

でも、一般的にTOEIC(トーイック)と呼ばれているのはTOEIC(L&R)です。

そこで、ここではTOEIC=TOEC(L&R)のことを指すとします。

 

まあ、TOEICって、要するに、リスニングとリーディングの力だけ測るものです。

アウトプットは求められていないのです。

 

そのため

TOEIC高得点=英会話できる

とは、必ずしもならないわけです。

 

それなのに、TOEIC受験する意味あるの?

そう思う人もいると思うので

TOEICを受験する目的をいろいろ考えてみました。

 

その目的によって、TOEICを受験する意味がある人もいれば、意味ない人もいるでしょう。

目的を列挙して、ツッコミを入れてみたいと思います。

 

TOEIC受験の目的

就職のため

こういう目的がある人は、受験する意味はあります。

というより、受験してください。

そして、希望する会社が求める以上の点数をTOEICで稼いでください。

 

新卒時での学歴と同様、フィルタリングの重要な要件だと思います。

「努力できる人」であることの証明にもなります。

 

それなりの大きな企業でも、みんながみんな英語が超できるわけではありません。

人事の面接官でも英語がイマイチな人もいます。

900点以上の高得点を叩きだしても「ドヤ顔」で面接官と戦うと逆に足元すくわれます。

しかし、そこだけ注意したら、点数を取っておくべきでしょ。

昇進のため

働いている会社のタイプによっては、昇進の(「暗黙の」)条件として英語力がある場合

こういう場合も、出世したければTOEIの点数を稼いでおくべきでしょう。

入社時点と違い、700点だとか、そういう基準ではなく

胸を張って900点代です、そういえればいいですね。

 

(社内)留学の条件のため

割としっかりした大企業だとか、出張・留学などある会社だと

留学を希望したりする場合には、その最低条件としてTOEICの点数を求められてきます。

 

留学したり海外赴任することが、間接的に、暗黙の出世コースの条件の場合もあるでしょう。

そういう場合も、頑張りましょう。

 

希望の部署に異動するため

国際部門、渉外部門があるような会社では

自分の英語力を磨くためにも、自身の市場価値(転職価値)を高めるためにも

「会社を利用して英語力を高める」のがコスパ高いです。

 

つまり、英語を使う仕事をする→英語力伸びる

そういう好循環ですね。

お金もらって(サラリー稼いで)、同時に英語も勉強できるんですから

一石二鳥ですよね。

 

転職のため

いまの仕事やめたい。

こんなブラックなところ辞めてやる!

そうやって転職を狙っている人は、職務経歴書作成ガイドを参考に

転職サイトを覗いてみまししょう。



英語力としてTOEICの点数が活用されていて、TOEICの点数が高いと・・・

おそろしいくらい可能性が広がります。

 

早期退職(リストラ)を免れるため

上記のように、出世や転職など前向きな理由というよりも

「リストラされない」という消極的な理由のように見えますが

これって、意外と重要な点です。

 

20代、30代なら、就職、留学、転職のためにTOEIC受験でTOEICの点数を上げるメリットは多々あります。

しかし、40代、50代となると

ある程度、英語に関係なく「出世コース」か否か見えてきている

転職しようにも、プラスになるような転職は難しくなってくる

TOEICの点数を高得点とっても、年齢的に会社留学は難しい。

 

でも・・・

 

TOEICの点数って、日本では勘違いされていて

過剰に評価されています。

 

大企業ですら45歳で大量リストラする時代です。

同じ45歳で

①英語まったくだめ

②英語900点代

ほかの条件が一緒なら、どうみても②の人材を残します。

 

いまの管理職や役員には、いまだ英語ダメ(英語コンプレックス)な人が結構います。

英語ができるだけで、

本当は英語できないのに、TOEIC高得点で「英語できる」と勘違いしてもらえるだけで

リストラ候補から外してもらえる可能性が高くなります。

子供にバカにされないため

2020年の英語革命により、小学校でも英語が授業になり

最近の幼稚園・保育園、小学生は英語に慣らされています。

 

そんな中、我が子に、親の恥ずかしい姿を見せられない。

親としての尊厳

「勉強しなさい」といえますか?

子供と一緒に勉強したいため

子供が小学生・中学生レベルのうちに

英語を一緒に勉強すれば、親子関係も良好になり

一石二鳥です。

 

思春期という難しい年齢になる前に

「ママすご~い」「パパすご~い」と言ってもらえるような年齢のとき

少し先回りして、我が子に英語を教えたり

英語ができるところを見せたいですよね。

 

この目的からはTOEICではなく、英検のほうが向いていますが

リスニングできないとスピーキングできない

TOEICの勉強自体は無駄にはなりません。

英語を話せるようになりたいため

「話せる」という目的だけなら、TOEICの受験は不要かもしれませんが

リスニングとリーディングにしぼって集中的にTOEIC対策することで

スピーキングの素地ができるので利点はあります。

 

海外旅行をもっと楽しみたい

観光ガイドにのっているベタベタな場所や情報だけでなく

現地の人とコミュニケーションを取って、穴場を知ることもできるでしょう。

あやしい国で、ボッタくられたりする率も下がるでしょう。

 

英語=武器

そう持って、勉強しましょう。

ただし、TOEICでなくてもいいかもしれませんね。

その他(ストレートな動機)

  • モテたい
  • 外国人の恋人がほしい
  • 好きになった人が外国人だ
  • ついにできた恋人が外国人である
  • この外国語を話す恋人と結婚したい

好きにしてください。

TOEICは知りませんが

まあ、話せるようになるためには、英語話す外国人と恋におちるのが

 

まとめ

就職、転職、社内留学が目的の人

 締切を意識して、TOEIC受ける意味あり

リストラ回避が目的の人

 リストラされる前に、TOEIC点数をアピール

育児、海外旅行、恋人が目的の人

 TOEICじゃなくて英検の方が向いているかも?

てきとう




関連記事

転職で稼ぐ

30代40代の転職者必見!簿記3級&英検準1級の検索データから分かること

転職を考えている30代、40代の人は 転職サイトを覗いたり、いろいろ調べていると思いま

記事を読む

TOEIC初受験で565点・・英検【換算表】をブログを負けずに書く!

TOEICの結果発表はいつ? トーイックとかトイックと呼ばれる「TOEIC」試験。 2019

記事を読む

CASEC(キャセック)を初受験!問題を解いてTOEICとの違いを本音で分析!?

  まずは、言い訳から 自宅のパソコンで受験する3時間前 晩ご飯

記事を読む

行政書士の福井織章(ふくいのりあき)【評判?】「サムライ資格という『毒薬』」を読んで

行政書士試験や司法書士試験など いわゆるサムライ業は食べていけるの?  

記事を読む

1000時間以上の時間が英語上達に必要って本当?

TOEIC結果分析 TOEICの結果がペーパーでも届きました。   2019

記事を読む

disappointed

英語力は単語力!?実は語彙力(ボキャブラリー)不足が判明・・・

TOEICは難しいな~と感じたし 単語も知らないものも多く実力不足を感じました。 &nb

記事を読む

青木ゆか先生の「ずるいえいご」で知った英会話の極意とは?

英語を学習する気が起きなくて 英語ではなくて英語学習法を勉強している私です。  

記事を読む

英語アプリ「キクタンTOEIC」「キクタン英検」両方DLしてみたら・・・

英語アプリ 最近、通勤途中に、「キクタンTOEIC800」を聴いています。 TOEICスコア

記事を読む

alphabet

TOEIC(トーイック)【高得点】目指す意味を見失っていました。。

TOEIC(トーイック)を目指す意味ってありますか?   もちろん 就職

記事を読む

TOEIC900点代で人生逆転?TOEIC体験談の書籍について語る

TOEICの勉強本 先日、ブックオフで英語の勉強法に関する本を立ち読みしていました。 古い本

記事を読む

てきとう




てきとう




english
英語字幕で英語育児するにはディズニーチャンネルよりディズニープラス!?

DWE経験者など おうちで英語をやっている家庭は ディズニ

movie
ディズニープラスはお得?映画・ドラマ&ディズニー好きな我が家が検証!

コロナの影響でステイホーム 映画鑑賞が増えたご家庭も多いのではな

fx
アイフォ戦士?【ハイレバ400倍】海外FX業者iforexを7年間使った成績公開!

チラっと楽天証券を久しぶりに覗いたら イデコが回復していて

コロン第二波?自宅で映画を見て英語学習

コロナの新規感染者数が増えて 第一波の余波?第二波の到来?

movie
amazonプレミアム×楽天プレミアムでu-nextで映画を楽しむ日々

楽天ブラックカードがほしくて 楽天サービスを愛用していたら

→もっと見る

PAGE TOP ↑