1000時間以上の時間が英語上達に必要って本当?

TOEIC結果分析

TOEICの結果がペーパーでも届きました。

 

2019年4月14日実施の第239回TOEIC

リスニングセクション 平均327.4(私315)

リーディングセクション平均269.5(私250)

トータル       平均596.9点(私565)

 

受験者総数 71,227名の平均を見ても

リスニングよりリーディングの方が難しいのですね。

といっても、おそらく英検1級のような難しさではなくて

時間に対して分量が多いのため

時間との戦い

という意味で難しいのでしょう。

 

リーディング対策

私が30問近く、時間切れで解けなかったのも無理はありません。

とはいえ、これは酷すぎるので

英文を読む機会を増やして、リーディング力をUPさせる必要がありますね。

 

これは、大学受験などで多くの人が使用している

速読英単語シリーズ

英文読解と単語の習得(復習)をすることができて良いのでは?

と思っています。

 

というわけで、気楽に、気長に

速読英単語シリーズを読んだり

英語で読む日本史

英語で話す日本の文化

など英文を大量に読みつつ教養を磨く

という大人な戦略で行きたいと思います。

 

そして、気が向いたら、英文法だとかネイティブ著者のネイティブ感覚系の本

こういうのを楽しく読んでいきます。

 

やはり、楽しくないと続かないですからね。

リスニング対策

リスニング力を上げるにはどうすればいいのか?

書籍やYoutube、ネットなどで調べてみました。

 

どうやら・・・NOBU式トレーニングでも言っていましたが

NOBU式トレーニングとは?「英語をひとつひとつわかりやすく」の先生が最高!

まずは、インプットが重要!

インプット>>>>>>>>>>>>アウトプット

のイメージのようですね。

 

英語が「話せる」ようになるためにも、まずは大量のインプット

 

そして、どうやら1000時間くらいは聞く必要があるというのが多数説のようです。

 

1000時間ってどれくらい?か、計算してみましょう。

1日1時間で3年

1日2時間で1.5年

1日3時間で1年

思ったより、道のりは長いですね。

※英語を字幕なしで見られるためには1万時間以上が必要という意見もあります。

 

では

スピードラーニングなど有名な「聞き流し系の英語CD教材」などで

ひたすら聞き流せがOKなのか?

というと・・・

それはダメ(非効率)みたいですね。

 

英語が出来るようになった人たちの意見で

このような

・ディクテーション

・繰り返し聴く

をすすめている人は多いです。

 

 

この本↑は「英絶」と呼ばれていて

ずいぶん昔に流行った?ようです。

その方法論については賛否両論ありますが

  • 英語をたくさん聴く必要がある
  • ディクテーションは有用

という部分は、多くの英語上達者も同意見のようです。

 

実際、私も、大学の英語の授業で

ディクテーションのクラスを受講した後は

かなり英検準1級のリスニング部門が聴き取れるようになった記憶があります。

20年くらい前の話ですけど

 

それでは、どうすればいいか?

めんどくさいのは嫌なので

良い方法を考えてみました。

 

まずリスニング対策のうち

 

繰り返し同じものを聴く

これは「英絶」シリーズの

リスニング対策本(CD付き)を利用してみます。

 

私にとって、難しすぎず、簡単すぎない会話文形式のCDみたいです。

 

ディクテーション

そして「英絶」著者は、ディクテーションの方法として

ノートに書き取る

みたいな大変な作業を薦めています。

 

でも、それはめんどくさいので私は嫌です。

 

そもそも、今はPCでレポートを書いたりする時代です。

ライティングのスキルも「PCでブラインドタッチ」で英語を入力する力のことでしょう。

 

そこで・・・・

 

考えてみたら

ずっと放置して、解約しようか迷っていた

【スタディサプリ ENGLISH】

が良い!ことに気づきました。

 

月額ではなく年額だと割り引かれるのでまとめて支払っていたし

スタディサプリもTOEIC編ではなく、日常会話編だったので

値段はそれほどではない。

そこで、改めて【スタディサプリ ENGLISH】を見てみると

まず様々なレベルの会話について

内容把握というリスニングできているか?のチェック質問があります。

 

そのほかにも、「ディクテーション」ということで

話していた内容の穴埋めをする形式のものがあるのですが・・・

 

これが、良いのです!

 

ゲーム感覚で、PCに入力していくだけで楽です。

 

英単語のスペルの確認にもなるし

a とかthe など、やはり、PCに入力することで

細部まで意識がいきますから

しっかりとディクテーションに集中できるのです。

 

しかも、解説もポップアップで出てきたり、楽です。

 

ただ、問題は・・・

このディクテーションを丁寧にやっていると

英語を聴く時間が短くなってしまい

とても1000時間以上も確保できません。

 

大量に英語シャワーを浴びる

そこで、通勤時間、電車内や駅までの歩きながら

スマフォでYouTubeをひたすら聴いています。

 

「The English Coach」の女性は

めちゃくちゃ早口で大量の英語をしゃべってくれますし

英語学習者へ向けたためになる内容で

なぜか、早口でも聴き取りやすいクリーン?アメリカ英語の発音です。

 

アメリカ英語だけでなく

イギリス英語などいろいろなナマリがTOEICに出てきます。

そこでオススメなのが

Youtubeの「Oxford Online English」

これも英語学習者にとってためになる内容でオススメです。

てきとう




関連記事

alphabet

TOEIC(トーイック)【高得点】目指す意味を見失っていました。。

TOEIC(トーイック)を目指す意味ってありますか?   もちろん 就職

記事を読む

study-english

スタディサプリenglish【アプリ】の使い方がわかった!退会を辞めた理由とは?

スタディサプリenglishアプリ使っていますか?   英語学習に【スタディサ

記事を読む

スタディサプリ英語アプリ「ビジネス英語コース」VS「日常英会話コース」

スタディサプリの英語版「スタディサプリenglish」を 通勤中、家事時間中にスマフォ

記事を読む

TOEIC初受験!時間が足りない理由を考えてみた

人生初!TOEICを受験してきました。 TOIEC初受験で感じたこと 駅から会場の大学ま

記事を読む

fight

40代50代と英検&TOEIC

20代は就職のためにTOEIC受験は必須 30代は昇進や転職のためにTOEIC受験は有益

記事を読む

有名サプリのスタディ英語【日常英会話コース】は効果なし?CASEC&TOEICで検証!

誰もが知っている英会話サプリ スタディサプリenglishで英語力がつくのか?

記事を読む

disappointed

英語力は単語力!?実は語彙力(ボキャブラリー)不足が判明・・・

TOEICは難しいな~と感じたし 単語も知らないものも多く実力不足を感じました。 &nb

記事を読む

TOEIC900点代で人生逆転?TOEIC体験談の書籍について語る

TOEICの勉強本 先日、ブックオフで英語の勉強法に関する本を立ち読みしていました。 古い本

記事を読む

青木ゆか先生の「ずるいえいご」で知った英会話の極意とは?

英語を学習する気が起きなくて 英語ではなくて英語学習法を勉強している私です。  

記事を読む

英語を学ぶのは40歳からがいい?

菊間ひろみさんの著書 「英語を学ぶのは40歳からがいい」 3つの習慣で力がつく驚異の勉強

記事を読む

てきとう




てきとう




money-poor
元銀行員のユーチューバーが教える【経験談】お金持ちと貧乏人の違い!?

昨日,都内の某大型書店を散歩しましたが・・・  

english-study
あまり知らない?英語学習の目的&本当のメリットとは?

書店に行くと,英語・英会話の本がずらりと並んでいます。 今も昔も

books
書店のリアルとネット書籍注文

電子書籍を読むと目が疲れる。 そういう人は,IT化が叫ばれる現在

movie
子育て世代40代の悩み

子供が小さい頃は,人生,日々せいいっぱい。 全力で駆け抜けるだけ

english-study
中学英語の英文法で十分?親子でオススメの勉強法をやってみた。

日本人は,学校で英文法ばかりあってるから話せない。 むずかしい英

→もっと見る

  • 育児と英語学習や漫画アニメ映画を楽しむ40代

PAGE TOP ↑